ここで買いました ⇒ 乾癬の本

「BOOK」データベースによる本の紹介
 
心身の疲れを癒しステロイド剤などの薬に頼らず、免疫力を高める鉱石イオン療法で体質そのものを改善。あきらめていた肌がすべすべに・・・もっと詳しく
 
著者紹介:福井 芳周
 
日本乾癬研究所、鉱泉療院院長。1948年、佐賀県生まれ。東洋医学の観点から、長年乾癬の研究を続ける。天然鉱石が持つミネラル成分の効用を生かし、難病患者を自然治癒力により、回復させることに成功し、各方面から注目される・・・もっと詳しく

私が、この本を手にしたきっかけ、そして感想

アマゾン等、ネットの本で「乾癬」に関するものを探すと、「福井 芳周」さん・この方の本が一番多いことに気づきました。乾癬治療の第一人者なのかもしれないと思い、3冊ほど手に取りました

この本を買おうか考えている人に目次を紹介します。ネット通販では目次が読めないので、抜粋しておきます。参考にしてください

目次

はじめに

第1章 乾癬とは
	乾癬とはどんな病気?
	角化増殖を促す血管新生
	乾癬にはいろいろな種類がある
	乾癬を悪化させる要因
	薬による治療について――知っておきたい薬の副作用
	塩分で皮膚を消毒した因幡の白うさぎ
	薬に頼らない温泉療法
	乾癬と似た病気
	 ――貨幣状湿疹、脂漏性皮膚炎、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎と関節リウマチ

第2章 ステロイド剤と自律神経
	鉱石イオン療法で免疫力を高める
	ステロイド剤などの薬に頼らない
	 患者手記①「三十年間のストレスが出切った!」
	乾癬は明治・大正期にはすでに知られていた
	ストレスが免疫力を弱める
	交感神経(顆粒球)と副交感神経(リンパ球)の役割
	自律神経のバランスが崩れると病を招く

第3章 鉱石イオン療法
	心身の疲れを癒し、病を治す日本の湯治
	なぜ温泉が病気療養によいのか
	温泉の成分はイオンとなって体に吸収される
	温泉を医学的に研究した外国の温泉療法
	いろいろな温泉の入浴療法――寝湯、立ち湯、足湯
	鉱石イオン療法で乾癬を克服
	 患者手記②「治療に専念できる環境が大事」
	マイナスイオンは体の酸化を防ぐ
	クラスター効果でサラサラ血になる
	鉱石イオンのお風呂の入浴による効果
	鉱石イオン療法で有害毒素をデトックス
	有害物質にくっついて排出させる必須ミネラル
	より有効な鉱石イオン風呂の入浴方法
	鉱石は紀元前から薬として使われていた

第4章 なぜ乾癬にかかるのか
	乾癬にはストレスが大敵
	悩みすぎによるストレス
	 患者手記③「あせらず精神的に落ち着くことが大切」
	鉱石イオン療法で回復した病気
	関節リウマチの痛みが鉱石イオン療法で取れた!
	乾癬を発症しやすい生活パターン
	睡眠不足も危険信号
	子供の発症は「母原病」が多い
	妻のいたわる心が快癒へと導く
	電話での状態に応じたアドバイス
	 患者手記④「心強い励ましで回復」
	乾癬とうつ病
	ストレスによる皮膚疾患

第5章 自然治癒力を高める
	生活改善の必要に「気づく」ことが大切
	素直な心で食生活を見直す
	乾癬克服のために摂りたい栄養素
	慢性皮膚病の予防・改善に効果的なEPAとDHA
	抗酸化作用のある食品を摂る
	腸を元気にする乳酸菌・オリゴ糖
	乾癬患者は不眠症になりやすい
	なぜ十分な睡眠が必要なのか?
	早寝早起きで生活リズムを整える
	昼寝をすると、夜も快眠
	鉱石イオン療法でぐっすり眠れる
	森林浴と運動で安定した気分に
	リラックス効果のあるアロマテラピー
	自然治癒力を引き出すには、理解あるパートナーが必要

第6章 未病を防ぐ中国医学
	百病はみな「気」から生ずる
	「気・血・水」が健康を支える
	「気」の滞りから起こる症状
	ストレスで心と体のバランスが崩れる
	西洋医学は「病気」を治し、漢方は「病人」を治す
	食養生で体を守る

監修のことば


乾癬の本

ページ上部に