加藤史子さんのことを知ったのは、乾癬について本を探していた時です

アマゾン(インターネットの本屋さん)で、
「乾癬」と検索すると、加藤さんの本が2冊でてきました


乾癬―治したい人は治ります


乾癬のための温泉ガイド

「治したい人は治ります」・・・
というタイトルがいいなぁと思って注文することにしました

合わせて、乾癬のための温泉ガイドも買いました

加藤史子さんが考える、乾癬の原因とは

加藤史子さんの「乾癬 治したい人は治ります」によると
乾癬の原因は、免疫異常だとしています

考え方は、お医者さんと同じです
そのあたりは、医師の白井洋一朗さんが
加藤さんの本を監修されていることからもわかります

本の中で関連しているところを抜粋します
自己免疫異常をわかりやすく説明されています

乾癬はなぜ起こるのか
 
最近有力となってきたのが、免疫異常説です。人間の体は、外からの異物が入ってくると、それに対抗するもの(抗体)をつくって排除しようとします。このしくみを免疫といいます
 
ところが、自己を非自己(異物)と誤認し、抗体(自己抗体)をつくり、攻撃をかけてしまうことがあります。これが免疫異常で、それによって起こる病気を自己免疫疾患といいます。乾癬も自己免疫疾患の一つと考えられます
 

乾癬―治したい人は治ります P42・4~13行目から要約抜粋

どうして、免疫異常起こるのかは現在わからないとされていますが
加藤史子さんは、患者とのカウンセリングから
ストレスが深く関係するとしています

また、のちに加藤さんご本人と
お電話で話をさせていただくことがあったんですが、
そのときも、かなり強くストレスのことをおっしゃっていました

同じ本「乾癬 治したい人は治ります」の中で
ストレスが乾癬を引き起こすと、説明されています

ストレスが乾癬の引き金になる
 
免疫反応の異常がなぜ起きるのかは、現代医学では不明とされていますが、これまでの私のところに見えられた、必ずといってよいほど、発病より半年から一年前まえに強いストレスに見舞われています。このことから乾癬にはストレスが密接に関係しているのではないかと考えられます
 
乾癬―治したい人は治ります P43・1~4行目から抜粋

自律神経失調症と乾癬の共通点
 
ストレスによって一番大きな影響を受けるのが自律神経ではないかと考えています。自律神経は、体のあらゆる臓器や器官をコントロールしているため、アンバランスが起これば、当然心身にさまざまな症状を起こします
 
病気はその人の一番弱い箇所にあらわれますから、乾癬は自律神経の乱れが皮膚にあらわれた病ではないかと考えています
 
乾癬―治したい人は治ります P48・8行目、P50・7行目、14行目から抜粋

つまり、加藤史子さんは

乾癬の原因である免疫異常は
ストレスによって自律神経がみだれて起こっている

それで、たまたま皮膚が弱かった人に
乾癬の症状が現れてしまったとおっしゃっているわけですね

ですので、治療は、自律神経の乱れを整えることになります

しかし・・・

自律神経の乱れを治す薬はありません

薬以外に、自律神経を正す良い方法は、温泉に入ることを勧めています

加藤史子さんが考える、乾癬の治療法は温泉に入ること

自律神経の乱れを治す薬はない
 
いったん自律神経が乱れると、元に戻りにくくなり、対処法もあまりありません。自律神経を正す特効薬もまだできていません。現代で自律神経を正す最も良い方法は、温泉療法だと考えています。温泉療法には・・・
 
1 血液をつくっている細胞群を活性化させ、血行を良くする
2 血液の循環不全が正され、自然回復能力が高まる
3 自律神経にはたらきかけ、賦活し※バランスを是正する
4 特に免疫機能、ホルモン系を正す
5 副作用がなく、体にやさしい
 
※賦活する:活力を与えること
 
などの効果があります。実際に、温泉含有成分が自律神経の調整や、皮膚の再生にとてもいいことは医学的にも証明されています。家庭温泉でも、天然ミネラル鉱泉石のマイナスイオンが自律神経に働きかけて、崩れたバランスを調節してくれるのです
 
乾癬―治したい人は治ります P108~P109・4行目から抜粋

温泉に入るのは、気持ちいいし、
乾癬の治療にもよいのは直感的わかりますが

「温泉なんて、なかなか行けるものではない」という人が多いのではないでしょうか

そこで、加藤さんがすすめているのが「家庭温泉療法」です
温泉に入ることと、同じくらいの効果があるとしています

その家庭温泉療法で、乾癬が改善するメカニズムをこのように説明しています

乾癬が改善するメカニズム
 
家庭温泉は、天然温泉のもつ効用を応用したもので、自律神経を調整します。温泉に溶け込んでいる成分が体に浸透し、温熱作用によって副交換神経が刺激され、血液循環が促進されます。酸素や栄養物が細胞のずみずみにまで運ばれ、老廃物が排出され、全身の働きが改善されます
 
自律神経が調整されると、自律神経のもとにある脳下垂体が刺激を受け、ホルモンの分泌を促し、副腎に働きます。副腎には髄質と皮質があり、ここからアドレナリン、コーチゾンやそのほかのホルモンを出すようになります。この作用によって血液が浄化され、ペーハー(pH)が調整されます
 
酸性に傾いた血液は弱アルカリ7.3~7.4に補正されます。血行が改善され、細胞が賦活し、免疫力も強化されてきます。こうして皮膚の異常が改善され、元の皮膚に再生していくのです
 
乾癬―治したい人は治ります P122・4行目~P123・4行目までを抜粋

少々難しい話もでてきましたが

「湯治」という言葉もあるとおり、温泉に浸かることは
からだをよくすることにつながることは、想像しやすいと思います

次に、加藤史子さんのオススメの
家庭温泉するために、3つの方法についてです

家庭温泉療法は「湯の花」「天然ミネラル鉱泉石」「有機ゲルマニウム」でできる

加藤史子さんの「乾癬 治したい人は治ります」によると、
家庭で手軽に温泉と同じ効果を得るのに
湯の花、天然ミネラル鉱泉石、有機ゲルマニウムの3つの方法があります

湯の花のオススメ、世界唯一の・・・

湯の花のおすすめは、大分県・別府温泉の湯の花、
さらに別府八湯の一つ、明礬温泉から採取される湯の花がいいそうです

この湯の花は、世界唯一の小屋方式という製法で作られているのがポイントです

8つの天然ミネラル鉱泉石

天然ミネラル鉱泉石は、次の8つが紹介されています

水晶(クォーツ)
トルマリン(電気石)
雲母(うんも)
沸石(ふっせき)
大理石
麦飯石
北投石
医王石

有機ゲルマニウムの注意点

有機ゲルマニウムの効果は、
ガンに立ち向かう免疫細胞を活性させるインターフェロンを誘起させるなど
たくさんありますが、注意しなくてはいけない重要なポイントがあります

ゲルマニウムには2種類あり、有用なのは有機ゲルマニウムです。(間違わないように)

有機ゲルマニウムの歴史では、ブームになった時期に、無機ゲルマニウムを有機ゲルマニウムと偽って販売したため、1986年に死亡事故を引き起こしています。くれぐれも有機ゲルマニウムの入手には気をつけて下さい

ページ上部に